ブログトップ

市民グループ見張り番

mihariosak.exblog.jp

こんな非公開の責任は?

泉佐野市に情報公開請求の必要があり、ホームページから請求しようとしたところ、「工事中でおわび」の画面が出た。FAXでの請求もできるが、まず、請求書の様式をインターネット画面からダウンロードする必要があるが、それもできなかった。
1週間ほど日をあけて情報公開請求書のホームページへ再度アクセスしたが、まだ先日の「メンテナンス・障害情報」のタイトルで、「下段のサービスが利用できません、現在、復旧のめどが立っておらず、皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、復旧が終わり次第、お知らせさせていただきますので、ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。」と、同じ文面のままであった。

ふと、文を読み返してみると、「平成27年8月27日現在・・・」とある。1年間以上も市民の権利は閉ざされたままになっていた。
マスコミから取材が入ったのか、9月30日には利用可能になっていた。
単なるミスさ、で済む話だろうか?
疑問が残る。

記事は、上段が産経新聞9月29日夕刊
    下段が読売新聞9月29日社会面  
です。
f0366157_09560743.png

[PR]
by mihariosaka | 2016-10-27 10:38
<< ネット公開 妻利用の自動車リース代 学習会のチラシ >>