ブログトップ

市民グループ見張り番

mihariosak.exblog.jp

裁判のスケジュール

現在進行中の裁判日程です。

・10月26日 平成26年度大阪市議(一人)政務活動費返還請求
 大阪地裁 10:00~ 1007号法廷

・10月26日 泉大津市小学校耐震工事費返還請求
 大阪高裁 11:00~ 81号法廷

・12月19日 平成25年度大阪市議政務活動費返還請求
 大阪地裁 13:15~ 1007号法廷   判決

[PR]
# by mihariosaka | 2018-09-14 08:38

第29回総会 小学校耐震工事費返還請求訴訟報告

会報157号から

5頁 「泉大津市小学校耐震工事費返還請求訴訟
  1.はじめに
    本件は、泉大津市が平成21年度事業として、上條小学校3号館の耐震補強工事の実施計画に伴い工事に関する耐震診断および補強設計業務を委託した設計業者から「耐震補強設計が困難」として作業の中止の報告があり作業を中止した。
    しかし、別の業者と随意契約を行い、また「最低強度を下回ることを前提とする設計」であることの覚書を交わしていた。
    平成28年3月に「改正耐震改修促進法」に基づく大阪府の検査により「コンクリート強度が基準に達せず、補強したとは判断できない」と指摘され、平成28年10月に3号館を閉鎖することになった。
    平成29年4月17日付けで毎日新聞のインターネット記事で知り、5月1日に住民監査請求を行ったが、6月28日に棄却された。
    (その後、住民訴訟へ進み、7月26日、大阪地裁で敗訴)
  2.判決の内容
    被告が主張する平成28年11月7日に第三者しかし、今回の委員会設置要綱が公表されたことについて住民は相当の注意力をもって調査をすれば、本件事情を知ることができたと認定し、相当の期間内とはいえず却下するという判決となった。
  3.本訴訟の意義
    判決では、本題である契約についての審議を行うことなく、入り口での議論で留まることになり、本当に残念でなりません。なぜ、耐震補強が行えないにもかかわらず工事を行ったのか。市長、教育長には責任はないのか。うやむやのままです。
    住民監査請求では知ってから1年を過ぎれは期間徒過となります
    しかし、今回の期間徒過は過去の最高裁判決で60日程度となった判例をもとに11月7日から60日、2月ころまでに住民監査請求を行わなければならないということになります。
    さて、住民とは、どのような市民なのでしょうか?
    毎日、市のホームページを閲覧する市民派どうでしょうか?
    新聞やインターネット記事を毎日読まれる市民派どうでしょうか?
    市役所が発行する市民広報はどうでしょうか?
    議会が発行する議会報告はどうでしょうか?
    一般的には市のホームページは何か調べたいことや知りたいことがあった場合でないと見ることはないのではないでしょうか。
    一般的には住民は情報を知るきっかけはメディアであることを主張していきたいと考えています。
    本件は高裁に控訴いたします。
    争点は期間徒過になります。
    過去の判例「住民は相当の注意力をもって調査すれば」を覆すことは非常に難しいと言われていますが、覆すことができれば今後のオンブズマン活動に有益な判決に生ります。             (世話人・原告  東池)
    

    

[PR]
# by mihariosaka | 2018-09-11 14:19

総会報告など

8月20日付発行の第157号会報から

1~2頁:総会議事の報告 
  6月30日 阿倍野市民学習センター 特別会議室
  ・議長はじめ、進行役割の選出
  ・活動報告 市長関係の訴訟 4件のタイトル
        訴訟4件のタイトル
     ①住吉川地活協補助金返還請求訴訟 5月10日、大阪地裁判決 敗訴 控訴せず
     ②平成25年度大阪市議政務活動費返還請求訴訟 
     ③平成26年度A市議政務活動費返還請求訴訟 
     ④泉大津市小学校耐震化工事費返還請求訴訟 → 5頁に関連記事
    
        住民監査請求 3件
     ①大阪市下水道工事不正請求 H29/12/28請求 H30/2/2却下
    ②生野区地活協補助金監査請求 H29/8/29請求 H29/10/24棄却 498,800円返還     ③泉大津市小学校耐震化工事 → 住民訴訟へ
   ・以下、会計報告、世話人選出、活動方針、予算等 出席者の承認を得て議事終了。
   


[PR]
# by mihariosaka | 2018-09-11 12:42

第29回定期総会 基調講演

総会の「基調講演」が決まりました。見張り番の取り組みと照らし合わせて考えたいと思います。
総会議事の審議は、13:30~14:50 の予定です。

◆ 6月30日(土)15:00~16:00  
             阿倍野市民学習センター 会議室

◆ テーマ: 森友問題から考える。
~ 情報公開と公文書管理の在り方とは ~

◆ 講師:弁護士 岩佐 賢次 先生
    (プロフィール)大阪府出身  2010年弁護士会登録 大阪弁護士会
              立命館大医学院府学研究科博士前期課程修了
    森友問題「国有地低額譲渡の真相解明を求める弁護士・研究者の会」事務局長
              全国B型肝炎訴訟大阪弁護団

◆ 講演概要:豊中の国有地は、9億5600万円の更地価格から、地中からごみが出たとして8億2000万円もの値引きがされ、森友学園に1億3400万円という低額で譲渡されました。この問題が発覚したのは、この売却価格が不開示となっていたことがきっかけでした。政府が売却価格を適正であると強弁したため、ゴミの撤去費用の積算根拠がクローズアップされました。財務省は、元理財局長による国会での虚偽答弁につじつまを合わせるという不可解な理由で、ごみの撤去費用に関する口裏合わせを持ちかけたり、交渉記録の隠ぺい、ひいては前代未聞の公文書の改ざんに手を染めるなど、様々な政府による「嘘」が明らかになりました。
 今一度、森友問題を題材にして、情報句会の意義と公文書管理の在り方について、ご一緒に考える場にしたいと思います。

◆ アクセス 【地下鉄谷町線】「阿倍野」駅7号出口方面から、あべのベルタ地下2階通路を通りエスカレーターで3階へ
【地下鉄御堂筋線】地下鉄御堂筋線「天王寺」駅より徒歩8分
【JR】「天王寺」駅より徒歩8分
【近鉄】「大阪阿部野橋」駅より徒歩8分
【阪堺電軌】「阿倍野」駅すぐ


[PR]
# by mihariosaka | 2018-06-24 11:47

第29回定期総会

第29回定期総会のご案内

6月30日(土)午後1時半より
阿倍野市民学習センター
活動報告、会計報告、監査報告の承認
新年度世話人の選出、活動方針、取組予定等の決定、その他

総会終了後会場近くで懇親会もあります。参加者は当日受付まで。
会費は別途3000円が必要です。食事飲み物込みです。


*会報156号より
世話人会からの新たなお知らせ
◆弁護士相談 
昨今、身の回りで弁護士に相談したいと思うことが出来ています。
相談の中にもそれは弁護士にという事が多くあります。「見張り番」では弁護団がありますのでその時は弁護士を紹介いたします。ご連絡下さい。
090-8380-6650









[PR]
# by mihariosaka | 2018-06-20 12:26